大泉高原のどんと焼きPART1

| コメント(8) | トラックバック(0)
ちょっと半月前のことですが、ペットと泊まれるペンション銀の道がある大泉町10区地区、JR甲斐大泉駅の近くで子供たちを主役にどんと焼きが行われました。子供たちは、朝早く地区の人とお正月のしめ飾りをもらいに回ります。その時頂くお年玉でお菓子などが振舞われます。
<子供たちみんなで繭玉作り>
110119-185.jpg

<まきを使って繭玉を蒸します>
110119-199.jpg

<こられる地区の人々のために蒸した繭玉をこなしの枝につけます>
110119-195.jpg

<みんなで氏神様に今年の無病息災を祈願します>
110119-205.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ginnomichi.jp/mt/mt-tb.cgi/474

コメント(8)

ちさちゃんさん おはようございます
>子供達がイキイキしてますね(*´∀`)ゞ
繭玉を自分で作って焼いて食べて、結構楽しんでいるようですね。

中古パソコン屋さん おはようございます
>地域がひとつになっていいですね。
地区の役員さんや、子供会のお母さん達が協力してくれています。

シルバーロードさん♪
こんばんは~^^
どんと焼きなんてあるんですね~☆
子供達がイキイキしてますね(*´∀`)ゞ
雪が積もっていて八ヶ岳は寒そうですね~

こんばんは。
どんと焼きですが、地域がひとつになっていいですね。
集まって作業されている方、楽しそうですね。

甲州市学習塾のこばやし様こんばんわ
>地域との繋がりも深くなり良いですね(^^)
最近地区に子供が少なくなって、将来が心配です。

溶射屋様こんばんわ
>繭玉って食べられるお菓子みたいなものなのですか?
上新粉で作られたお団子を枝にさして焼いて食べます。

八ヶ岳のシルバーロードさん

こんばんは!

>その時頂くお年玉でお菓子などが振舞われます。<子供たちみんなで繭玉作り>

つまり、子供達にとっては嬉しい行事なのですねヽ(^。^)ノ

繭玉って食べられるお菓子みたいなものなのですか?

写真から察すると木の枝に繭玉を差して火であぶってから食べるのかな?ヽ(^。^)ノ

こんにちは♪

子供たちが集めに歩くのですね
地域との繋がりも深くなり良いですね(^^)
素晴らしい行事ですね

コメントする

このブログ記事について

このページは、シルバーロードが2011年1月31日 20:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「八ヶ岳南麓のサンメドウズスキー場から見た山々PART2」です。

次のブログ記事は「大泉高原のどんと焼きPART2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Blog リンク